画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

鴻池運輸、三菱重工やロジスネクストと共同でトラックの荷積み・荷降ろし自動化実験へ

鴻池運輸、三菱重工やロジスネクストと共同でトラックの荷積み・荷降ろし自動化実験へ

無人フォークリフト活用、23年度末まで検証継続

鴻池運輸は3月1日、三菱重工や三菱ロジスネクストと共同で、無人フォークリフト(AGF)を使ったトラックへの荷積みとトラックからの荷降ろしの自動化実現に向けた実証実験を始めると発表した。

鴻池運輸の主に飲料製品を扱う配送センターで実施。3月からまずトラックの荷役位置検知やトラックへの誘導機能に関する試験を行う。その後、トラックへの荷積みの実験をスタートし、2024年3月までに自動化実運用に向けた能力・安全機能の検証を段階的に進める予定。


実験のイメージ(三菱ロジスネクスト提供)


今後の展開予定(鴻池運輸提供)

工場や倉庫における物流は自動化が進む一方、トラックへの荷積み・トラックからの荷降ろしは現状、有人フォークリフトによる作業が中心となっており、人手不足の深刻化や労働時間規制強化を受け、自動化が求められている。繁忙時は作業に伴うトラックの滞留時間が発生し、定時の搬出・搬入を妨げる要因の一つとなっていることもあり、AGFを活用して課題の解決を図る。

具体的にはAGFが直接、倉庫の搬送コンベヤーからパレット積みされた荷物を取り出し、トラックの荷台への積み込みまでを自律的に行うことを想定している。

トラックへのパレット積み込みは、荷積みのスピードやトラックの停止位置、トラック内のパレットの設置位置などに高い精度を求められる。三菱重工と三菱ロジスネクストの自律化・知能化・自動化に関する技術と、鴻池運輸が長年にわたり多種多様な現場で培ってきた豊富な知見やノウハウを組み合わせ、早期の実用化を目指す。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事