画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

京セラCS、千葉・幕張で無人自動走行ロボットによる配送サービス実証実験

京セラCS、千葉・幕張で無人自動走行ロボットによる配送サービス実証実験

重量物やかさばる荷物の持ち帰りを支援

京セラコミュニケーションシステム(CS)は3月9日、千葉市幕張新都心の公道(車道)で、無人自動走行ロボットを活用し、店舗で購入した商品を指定マンションまで自動配送するサービスの実証実験を3月10日に開始すると発表した。

イオンスタイル幕張ベイパークの協力を得て、近隣のマンション住人が同店舗で購入した商品を、共用ロッカーを搭載した定時巡回するロボットに搭載して届け、重量物やかさばる荷物の持ち帰りを支援するロボット活用サービスを実証する。

同実証実験は国家戦略特区に指定され、先進的なモビリティサービスの活用を目指している千葉市の支援を受けて実施する。

実証実験について

1.実施日時
2022年3月10日~ 平日10~17時(予定)
※悪天候や車両不具合などで走行中止の可能性あり。

2.概要
1台の無人自動走行ロボットが、イオンスタイル幕張ベイパークと近隣の2棟のマンションの間を巡回。事前登録したモニター参加者(マンション住人)は、イオンスタイル幕張ベイパークで購入した商品を店舗脇の停止場所でロボットに預け、自宅マンション近くの停止場所で荷物を受け取ることができる。ロッカーは大中小のサイズがあり、ロボットに搭載されたタッチパネルを操作し開閉する。

無人自動走行ロボットについて

ミニカー(長さ2.5m以下×幅1.3m以下×高さ2.0m以下)に準じた大きさで、最高速度15km/hのロボット。ロボットは無人での自動走行となるが、走行状況を常時遠隔監視し、自動回避が困難な状況等では近接または遠隔操作に切り替えて走行する。


左側面(ロッカー大5個)


右側面(ロッカー中5個、小10個)


ロッカー大 (幅30.5×奥行45×高さ50cm)


ロッカー中 (幅30.5×奥行45×高さ18.5cm)


ロッカー小 (幅30.5×奥行45×高さ12.5cm)

走行予定エリア

千葉市美浜区若葉3丁目および、ひび野1丁目の一部区画

※無人自動走行ロボットによる公道(車道)実証のための許可については、関東運輸局から車両の自動走行や近接・遠隔監視での運転操作が可能となるように保安基準緩和認定を受け、千葉県警察から自動走行ロボットの公道(車道)実証実験に関する道路使用許可を取得し、千葉市の協力を得て実施。
※ルート上の一部区間は安全確保のため近接操作により走行する。

各社の役割

(画像は京セラCS提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事