画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トヨタ車体、超小型EV「コムス」の積載量拡大した新タイプ発売へ

トヨタ車体、超小型EV「コムス」の積載量拡大した新タイプ発売へ

最大3倍に、配送回数減などの効果見込む

トヨタ車体は3月10日、1人乗りの超小型EV(電気自動車)「コムス」を一部改良し、4月1日に全国のトヨタ販売店で発売すると発表した。

積載量をアップしたことなどが特徴。従来は30キログラムだったが、新タイプは最大で3倍の90キログラムを確保している。


(画像はトヨタ車体WEBサイトより引用)

同車はトヨタ車体独自ブランド「コムス」の2代目として2012年7月に誕生し、10年間で約9500台を販売した。

走行時のCO2排出量ゼロで環境にやさしく、狭い道での走行や狭いスペースでも駐車しやすいことから、宅配や宅食などの配送サービス、観光や自治体のシェアリングサービスで多く利用されている。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)
主な改良点 最大積載量拡大
宅配、宅食などの小口配送サービスをはじめとする顧客からの要望を受け、3つのバリエーションごとの使われ方に合わせて最大積載量を拡大した。「P・COM」と「B・COM」は弁当などの宅食配達に、「B・COMデッキ」は飲料などの宅配に多く利用されており、1回の積載量が拡大することで拠点への戻り回数が低減、配達時間・移動時間の短縮につながる。


(画像はプレスリリースより引用)

その他の変更点
① パーキングブレーキかけ忘れ/戻し忘れ警告を追加
② 充電ケーブルの長さの延長(3m→5mに延長)
③ キャンバスドアのカラー変更(ブラック→グレー)

メーカー希望小売価格(消費税 10%込)

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事