画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

【現場取材、動画】停泊中の船からドローンで陸に支援物資を空輸

【現場取材、動画】停泊中の船からドローンで陸に支援物資を空輸

国交省など、災害時の利用促進へ東京・豊洲で実験

国土交通省は3月18日、東京都江東区豊洲で、ドローンを活用した物資輸送の実証実験を行った。

清水建設が豊洲市場の近隣で開発を手掛けた大規模複合ビル「ミチノテラス豊洲」の敷地内に、ドローンの専用離着陸帯「ドローンポート」を設置。500メートルほど離れた海に停泊した船との間で大型ドローンが自動飛行し、物資を運んだ。

大規模災害が発生して陸路が使えないことを想定、ドローンを使った。実験には清水建設やブルーイノベーションなども参加した。当日は時折雨と強い風に見舞われたが、悪天候の中、無事荷物を運んだ。

国交省は今後も実験を続け、災害時のドローン活用実現を図りたい考え。


デモフライトの様子

実験に投入した大型ドローン

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事