画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ENEOS、トヨタの実験都市「ウーブン・シティ」でグリーン水素供給へ

ENEOS、トヨタの実験都市「ウーブン・シティ」でグリーン水素供給へ

燃料電池などの利用促進図る

ENEOSとトヨタ自動車は3月23日、水素の利用促進で連携すると発表した。

トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスも参加。トヨタが静岡県裾野市で建設を進めている、自動運転などの先進技術を実験するための都市「Woven City(ウーブン・シティ)」でCO2フリー水素の製造と利用を共同で推進するため、共同開発契約を締結した。

ENEOSがウーブン・シティの隣接地に水素ステーションを建設・運営し、再生可能エネルギー由来の電気で生み出した「グリーン水素」を供給。ウーブン・シティで走行する燃料電池車にも提供する。

併せて、水素の需給管理システムについても具体化を図る。2024~25年のウーブン・シティ開所前に水素ステーションの運営をスタートする予定。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)
<今般の共同開発契約で決定した事項>

・ Woven City隣接地に水素ステーションを建設
(水素ステーション建設予定地:静岡県裾野市御宿字朴ノ木平1576番3)
・ 再生可能エネルギーでCO2フリー水素を製造する水電解装置を水素ステーションに設置
・ 製造したCO2フリー水素を乗用車や商用車など様々なFCEVに供給するとともにパイプラインでWoven Cityに供給
・ 水素ステーション内に停電時用のFC発電機を設置
・ Woven Cityのコミュニティエネルギーマネジメントシステム(CEMS)とENEOSの水素製造を最適化する水素EMSの連携を検討


Woven City近隣に建設する水素ステーションのイメージ (デザインはイメージ、今後変更になる可能性あり

(藤原秀行)※画像はいずれもプレスリリースより引用

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事