画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本郵船や九州電力など4社設立の合弁会社、船舶へのLNG燃料供給事業を24年春ごろ開始へ

日本郵船や九州電力など4社設立の合弁会社、船舶へのLNG燃料供給事業を24年春ごろ開始へ

バンカリング船発注、海運領域の温室効果ガス削減貢献目指す

日本郵船と九州電力、伊藤忠エネクス、西部ガスは3月29日、今年2月に設立した合弁会社「KEYS Bunkering West Japan」(キーズ・バンカリング・ウエスト・ジャパン、KEYS)が、液化天然ガス(LNG)燃料を船舶に供給するための自社船舶(LNGバンカリング船)1隻の造船契約を三菱造船と同日付で締結したと発表した。

KEYSは日本郵船と九州電力が各40%、伊藤忠エネクスが15%、西部ガスが5%をそれぞれ出資。九州・瀬戸内地域における船舶向けLNG燃料供給事業を2024年春ごろに始める方向で準備を進めている。LNGバンカリング船は2024年3月に竣工予定で、西日本で稼働するのは初めてとなる見通し。海運領域の温室効果ガス排出削減への貢献を目指す。

4社は併せて、LNG燃料供給事業を行うのに際し、今年1月に国土交通省港湾局によるLNG燃料供給施設の形成支援を行う補助事業「港湾機能高度化施設整備事業」に申請。3月4日に今回のLNG燃料供給事業が採択された。KEYSは今後、国交省の支援を受けながらLNGバンカリング船の建造・運航管理を実施、同事業を軌道に乗せていきたい考え。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)
KEYS Bunkering West Japanの概要

商号 KEYS Bunkering West Japan株式会社※KEYS(キーズ)は、Kyushu、Enex、Yusen、Saibuの頭文字
本店所在地 福岡県北九州市
代 表 者 満吉隆志
事業内容 LNG燃料販売事業船舶保有事業
株主 九州電力株式会社 40%
日本郵船株式会社 40%
伊藤忠エネクス株式会社 15%
西部ガス株式会社 5%
設立年月日 2022年2月2日

事業スキーム図

LNGバンカリング船の概要

全長 82.4メートル
全幅 18.2メートル
喫水 4.8メートル
総トン数 約4,850トン
LNG積載容量 3,500立方メートル
推進システム 電気推進(LNGとA重油のDual Fuel)
竣工予定時期 2024年3月
造船 三菱造船株式会社

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事