画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱ふそう、トラックやバスのテレマティクスサービスでドコマップジャパンの動態管理を利用可能に

三菱ふそう、トラックやバスのテレマティクスサービスでドコマップジャパンの動態管理を利用可能に

リアルタイム車両位置情報や速度表示など対応

三菱ふそうトラック・バスは3月23日、動態管理ソリューション「DoCoMAP」を手掛けているドコマップジャパンと車両データの連携を開始すると発表した。

2021年5月から実施してきたフジホールディングスグループでのトライアル運用を経て、今年4月以降は三菱ふそうのテレマティクスサービス「Truckonnect(トラックコネクト)」と「BusConnect(バスコネクト)」の一部機能をDoCoMAPで提供する。

DoCoMAPは車両に取り付けたGPS端末からの位置情報で、車両の現在置をGoogleMaps上に表示・管理する。PCのブラウザから専用サイトにアクセスすれば車両の位置情報が簡単に確認できるのが特徴。

三菱ふそうはデータの活用や外部パートナー企業との連携を推進するとともに、「トラックコネクト」「バスコネクト」をより幅広いユーザーに活用してもらうことを目指し、DoCoMAPとのサービス連携を決めた。ドコマップジャパンもエンドユーザーに対して車両に新たなデバイスを追加する必要なく、安価で高機能な動態管理ソリューションを手軽に導入できるようにし、IoT機器の導入が進んでいない運送業界の業務改善に貢献したい考え。

三菱ふそうのコネクテッド車両から得られる車両位置情報と車速データをDoCoMAPのデータベースに送信、データを連携することで、同サービスをふそうのコネクテッド車両で使えるようになる。DoCoMAPのサービスは、既にトラックコネクトを搭載済みの大型・中型・小型トラックや電気小型トラック(EV)に加え、バスコネクトを搭載済みの大型観光バスや小型マイクロバスでも提供する。

DoCoMAPの動態管理サービスを使うことで、運送事業者は車両稼働率の改善と空車回送率の低減を図ることが可能になると見込む。

※以下、プレスリリースより一部引用
■データ連携のイメージ図

■ 主な機能
・リアルタイム車両位置情報
・車両の速度表示
・13カ月分の走行履歴
・Google Mapsベースの使いやすいユーザーインターフェース
・運行管理業務に最適な機能を豊富に搭載
・運行記録アプリ「DoCoMAP PLUS」対応

■ 提供プラン
ベーシックプラン:月額1,180円(台/税別)
※今後プレミアムプランなどのサービスを企画予定

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事