画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CRE、神奈川・愛川町の工業団地で1.8万㎡の物流施設に着工

CRE、神奈川・愛川町の工業団地で1.8万㎡の物流施設に着工

23年3月末竣工見込む、将来の垂直搬送機増設にも対応

シーアールイー(CRE)は4月1日、神奈川県愛川町の内陸工業団地内で、新たな物流施設「ロジスクエア厚木Ⅰ」の工事を始めたと発表した。

地上5階建て(倉庫は4層)、延べ床面積は1万8236平方メートルを計画。竣工は2023年3月末を予定している。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の相模原愛川ICから約3.3キロメートル、国道129号線(厚相バイパス)至近に位置。厚木市内、相模原市内への配送に加え、圏央道経由で東名高速自動車道、中央高速自動車道を利用することにより、広域物流拠点立地としても優位性を備えると見込む。

トラックバースは計15台の大型車が同時接車可能にする予定。5台分の待機スペースも持たせる。倉庫部分の基本スペックとして、外壁には金属断熱サンドイッチパネル、1平方メートル当たり床荷重は1.5トン(2.5トンフォークリフト対応可)、有効高さは各階6.0メートル以上を確保する。

昇降設備は荷物用エレベーター(積載荷重4.1トン、分速60メートル)を2基、垂直搬送機1基、ドックレベラー2基をそれそれ実装。将来のオペレーション拡大に備え、垂直搬送機1基を増設できるようにする。庫内空調設備導入の際の配管ルートや室外機置場の確保など、入居テナントの将来ニーズにも一定の対応ができる仕様を採用する。

環境対策としては、全館 LED 照明、人感センサー、節水型衛生器具を採用し、環境や省エネルギーに配慮した施設計画とし、BELS 評価、ZEB、CASBEE-建築(新築)の認証を取得予定。太陽光発電設備を採り入れて生み出した電力は自家消費するとともに、エンバイオ C・エナジー再生可能エネルギーを調達し、ロジスクエア厚木Ⅰの使用電力を100%グリーン電力とする。

発電した電力の一部を施設内に蓄電して、停電時に非常用電力として使用できる蓄電池システムの導入も想定している。


完成イメージ(CREプレスリリースより引用)

■開発プロジェクト概要
施設名称:ロジスクエア厚木Ⅰ
所在地:神奈川県愛甲郡愛川町中津
敷地面積:9,932.89 ㎡(3,004.69 坪)
用途地域:工業専用地域
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造規模:鉄骨造 地上5階建て(倉庫4層)
延ベ面積:18,236.45 ㎡(5,516.52 坪)
着工:2022年4月1日
竣工:2023年3月31日(予定)
設計施工:株式会社錢高組

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事