画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NXHDグループのマレーシア現法、クアラルンプール国際空港内で5900㎡の新倉庫開設

NXHDグループのマレーシア現法、クアラルンプール国際空港内で5900㎡の新倉庫開設

既存と合わせて9700㎡に拡張、多様な物流ニーズに対応可能

NIPPON EXPRESSホールディングス(NXHD)は4月1日、マレーシアの現地法人NXマレーシアが同日、クアラルンプール国際空港のFree Commercial Zone(FCZ)に新倉庫「KLIA DFTZセンター」を開設し、作業・貨物保管スペースを拡張したと発表した。

これまでNXマレーシアは、同空港FCZ内にあるビル内の約3800平方メートルの倉庫スペースで業務に当たっていた。近年増加している貨物需要に対応するため、FCZ内で約5900平方メートルの新倉庫を開設した。

既存倉庫と合わせて面積は約9700平方メートルに拡大した。新倉庫はより効率的な作業動線を確保し、安全かつスピーディーな荷物取り扱いを実現。多様なニーズに対応できるようにしている。


KLIA DFTZセンターの外観(NXHDプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事