スマート宅配ポストで再配達を減らそう

スマート宅配ポストで再配達を減らそう

LIXILが東京の江東・江戸川で検証プロジェクトのモニター募集

 LIXILは1月24日、IoT(モノのインターネット)を活用した「スマート宅配ポストTB」を使い、宅配便の再配達削減効果を検証するプロジェクトを東京の江東、江戸川両区で今年5月1日に始めると発表した。期間は来年1月末まで。

 対象は戸建て住宅100世帯で、2月1~20日の間、専用サイトでモニターを募集。無償で宅配ポストを貸与し、実際に使ってもらう。CO2の排出量削減効果やユーザーが荷物を迅速に受け取ることによるストレスの変化などを見極める。

 スマート宅配ポストは荷物が届くとユーザーのスマートフォンに通知。ポストに設置したカメラを通じ、宅配業者が荷物を収めたりする場面をリアルタイムで確認できるほか、スマホを介して宅配業者への集荷依頼も可能。


「スマート宅配ポストTB」の設置イメージ(LIXIL提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事