メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ライオンと資生堂、ユニ・チャームが店頭販促物を共同配送へ

ライオンと資生堂、ユニ・チャームが店頭販促物を共同配送へ

5月開始、小売店の業務負荷軽減

 ライオンと資生堂、ユニ・チャームは1月29日、小売店の店頭や売り場で用いる商品紹介用ポップなどの販促物に関し、今年5月に共同配送を始めると発表した。

 物流を効率化し、小売店サイドの業務負荷軽減を図る。3社共通の販促物管理システムを開発・導入するとともに、愛知県小牧市の外部倉庫を利用。包装資材を共通化したり、同じ段ボールケースに複数社の販促物を入れたりして、配送トラックの台数軽減も目指す。

 3社は2016年、店頭の商品陳列などで連携を開始した。


3社の販促物(左からユニ・チャーム、資生堂、ライオンのポップ、各社提供)※クリックで拡大


共同配送のイメージ(3社提供資料より)※クリックで拡大

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事