画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

東京建物があきる野で都内初の物流施設着工、サンリオが入居内定

東京建物があきる野で都内初の物流施設着工、サンリオが入居内定

1.5万坪、23年4月竣工見込む

東京建物は8月3日、東京都あきる野市で新たなマルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGIあきる野」の工事を開始したと発表した。

同社が東京都内で物流施設を開発するのは初めて。一部区画でサンリオの入居が内定しているという。

「(仮称)T-LOGIあきる野」は地上4階建て、延床面積約15,000坪を計画しており、竣工は2023年4月を見込む。

圏央自動車道の日の出ICから約2.5キロメートル、中央自動車道の八王子ICから約11.3キロメートルに位置し、都心向け配送から広域配送まで幅広く利用可能できる立地とみている。最寄りのJR五日市線の武蔵引田駅から徒歩6分。雇用確保の面でも優位性があると期待している。


「(仮称)T-LOGIあきる野」の竣工イメージ

幅広い荷物に対応可能な施設スペックとして、1階は平屋使いが可能にするほか、幅11.5メートル×奥行き10.8メートルのロングスパンを採用。1階の倉庫床荷重は1平方メートル当たり約1.9トンを確保し、冷蔵倉庫にも十分対応できる仕様とする予定。冷蔵倉庫対応時の床荷重は約1.5トンを想定している。

本施設の東西には計2つのラウンジを設置し、就業環境に配慮する。

■物件位置図

広域図


周辺図(いずれも東京建物提供)

物件概要 竣工 2023年4月(予定)
所在地 東京都あきる野市引田字阿岐野・引田字櫻ノ岡・伊奈字引田ノ上の各一部(土地区画整理事業施工地区)
交通 圏央道「日の出」IC約2.5km 中央自動車道「八王子」IC約11.3km
(R169新滝山街道利用)
JR五日市線「武蔵引田」駅 徒歩約6分
敷地面積 約8.500坪(予定)
延床面積 約15,000坪(予定)
規模 地上4階(倉庫床3層)
形状 スロープ
設計 (株)熊谷組
施工 (株)熊谷組
構造 S造
耐震区分 耐震(予定)
倉庫仕様 プラットフォーム 1階・3階:高床式1.0m
梁下有効天井高 各階5.5m
柱スパン W11.5m×D10.8m
床荷重 各階1.5t/㎡(1F概ね1.9t/㎡)
ドッグレベラー 1階:8基 3階:8基(予定)
垂直搬送機 3,4階に4基(1.5t)
最大荷姿:1700W×1500L×2500H(パレット含む;予定)
人荷用EV 3,4階に4基(4.0t) 3500W×4500D×3150H(予定)
バース数 94台分(予定)※1スパン3台接車想定
駐車場 53台(予定)※普通駐車場
トラック待機場 5台(予定)
特記事項 2階ラウンジ設置(予定)
募集条件 契約形態 定期建物賃貸借契約
入居開始時期 2023年5月(予定)
契約年数 5年~ご相談
最小分割面積 約1,900坪(予定)
(倉庫・事務所・バース込み)
総貸床面積 約14,400坪(予定)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事