オルビス、宅配ボックス5000個をモニター配布

オルビス、宅配ボックス5000個をモニター配布

ナスタが協力、今年7月に再配達削減の実証実験開始

 化粧品大手のオルビスは2月6日、ユーザー5000人を対象に、今年7月に独自の宅配ボックスをモニター配布すると発表した。商品の再配達削減の実証実験として行い、効果を見極めるのが狙い。

 宅配ボックスは住宅用ポスト製造大手のナスタ(東京)が企画・製作を手掛けた布製で、オルビス以外の宅配荷物も受け取ることができるタイプ。


モニター配布する宅配ボックス


設置のイメージ(いずれもオルビス提供)

 配布から3カ月後をめどに利用状況のアンケート調査を実施。再配達削減の効果を踏まえ、将来は宅配ボックスをユーザーに販売することなどを検討する予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事