画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本初「物流施設でファッションショー」をDHLジャパンの東京DCで開催、ブランド「ベイシックス」お目見え

日本初「物流施設でファッションショー」をDHLジャパンの東京DCで開催、ブランド「ベイシックス」お目見え

ユニフォームをアップサイクルしたルックがステージに登場、海外発送も「グリーン物流」で実施

DHLジャパンは9月1日、ファッション関連イベント「Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S」で、デザイナーの森川マサノリ氏のブランド「ベイシックス」初のファッションショー開催をサポートしたと発表した。

日本のファッション業界としても初の試みとなる物流施設(DHLジャパンの東京ディストリビューションセンター)を会場にして実施。ランウェイにはサステナブルなファッションを追求する森川氏デザインによるDHLユニフォームをアップサイクルしたアイテムが登場した。各アイテムの海外発送は、環境に配慮したDHLの「GoGreen」サービスで行う予定。


ステージで披露されたDHLユニフォームのアップサイクル・ルック(©Japan Fashion Week Organization)


DHLジャパンのトニー・カーン社長(右)とデザイナーの森川マサノリ氏(©Japan Fashion Week Organization)

廃棄予定だったDHLのユニフォームは森川氏のデザイン・制作で生まれ変わり、女性用ブラトップやホルターネックなどのトップス、ブランドの定番となっているデニムのボトムとしてステージで披露された。ショーの最後を飾ったクリノリンドレスは、ショー観覧者の注目をひときわ集めていた。


廃棄予定だったDHLユニフォームを使ったクリノリンドレスがショーの最後に登場(©Japan Fashion Week Organization)

ファッションショーを終えた森川氏は「今回のショーは、常に『消費』が繰り返されている最前線でもあるデリバリーセンターを会場に、EV(電気自動車)や太陽光発電によるCO2削減などサステナブルを推進しているDHLからのサポートを受けて開催することができました。これまで支えてくださった全ての方々に感謝を申し上げたいと思います」とコメントしている。

今回のファッションショーで世界初披露されたコレクションは、9月16日から「ベイシックス」の公式ウェブサイトで世界へ向けて発売する予定。アップサイクルアイテムの海外発送は、DHLの環境に配慮したクライメートニュートラルな輸送サービス「GoGreen」で実施する。「DHL GoGreen」は、気候保護・排出削減プロジェクトへの投資により、貨物輸送時に排出されるCO2排出量を実質ゼロに相殺する国際輸送サービス。

東京ディストリビューションセンターは、今年秋までに新たに再生可能エネルギー設備の導入を計画している。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事