画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本梱包運輸倉庫、岩手・北上で1.5万㎡の第二倉庫が竣工

日本梱包運輸倉庫、岩手・北上で1.5万㎡の第二倉庫が竣工

降雪など備え16メートルの庇設置、東北各地カバー可能な立地

日本梱包運輸倉庫は9月8日、岩手県北上市の北上営業所で第二倉庫が竣工したと発表した。

第二倉庫は既存倉庫の東側に位置し、延床面積は1万5180平方メートル。貨物用エレベーター、垂直搬送機、低床/掘込型でドックレベラーを備えたコンテナピット、トラックピットを導入している。

降雨や降雪など悪天候時の荷役に備え、倉庫南側は一方が固定された「キャンティレバー方式」を採用。西側には16メートルの長大な庇を設置した。積雪地であることを考慮し、庇などの先端には柱を設置して、崩落しないよう安全性を高めている。

同営業所は東北自動車道の北上・金ケ崎ICから4分(1.8キロメートル)と良好なアクセスを備え、岩手県内だけでなく東北各地を広くカバーできる利便性の高い立地。第二倉庫の竣工で今後さらに業容を拡大するとともに、東北地方のネットワークの強化と拡充を図る。

【北上営業所 第二倉庫概要】

所 在 地 〒024-0051 岩手県北上市相去町山根梨の木 43-155
敷地面積 38,699.93 ㎡
構造規模 鉄骨造 2階建て
延床面積 15,180 ㎡
有効高さ 最大 6.6m
主要設備 ・貨物用エレベーター
・垂直搬送機
・コンテナピット


倉庫外観(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事