画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

横河電機、シェルが蘭ロッテルダム港に建設する欧州最大グリーン水素プラントのMACに選定

横河電機、シェルが蘭ロッテルダム港に建設する欧州最大グリーン水素プラントのMACに選定

25年操業開始予定、1日最大60トン生成を計画

横河電機は9月26日、英石油大手シェルがオランダ・ロッテルダム港に建設するグリーン水素プラント「ホランド・ハイドロジェンI(Holland Hydrogen I)」のMAC(Main Automation Contractor)に選定されたと発表した。MACはプラントの自動化をメーンで包括的に担う請負業者を指す。

ホランド・ハイドロジェンIは、洋上風力発電など再生可能エネルギー由来の電力を使って、生成時に温室効果ガスを出さない「グリーン水素」を作り出す。欧州最大のグリーン水素プラントとして、2025年に操業を開始する予定。横河電機はプラント制御に関するシステムや機器を有機的に統合し、プラント操業の最適化を実現する。


ホランド・ハイドロジェンIの完成予想図 (シェル提供)

ホランド・ハイドロジェンIはロッテルダム港の一部に建設される200メガワットの電解槽プラントで、1日当たり最大60トンのグリーン水素を生成する計画。生成されたグリーン水素は、パイプラインを通してシェル エネルギー&ケミカルズパーク ロッテルダム(Shell Energy and Chemicals Park Rotterdam)に供給され、製油所でこれまで使用されてきたグレー水素の一部を代替し、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料などの生産時に発生するCO2を削減できると見込む。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事