画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

エアークローゼット、RFID活用した独自の物流システムで特許取得

エアークローゼット、RFID活用した独自の物流システムで特許取得

循環型物流プラットフォームの外部提供で、サブスク/シェアリングビジネスを支援

衣料のシェアリングサービスを手掛けるエアークローゼットは9月1日、RFIDを活用した独自の物流システムに関する特許を取得したと発表した。

同社は創業当初から物流専門チームを設け、これまでになかった循環型物流プラットフォームを一から構築し、倉庫業務の効率化、クリーニングやメンテナンス、管理手法、配送手段などのアップデートを実施してきた。許の取得は、循環型物流プラットフォームの独自性が認められた結果と説明している。

ファッションレンタルサービスの運営では一般的なECとは異なり、個品ごとのレンタル・返却・メンテナンスといった状態を管理する必要がある。同社は創業以来、全てのレンタルアイテムを対象として個品管理を行い、2019年10月からは衣服タグに縫い付けた洗濯可能なRFIDを活用している。

ファッションレンタルサービスで、アイテムの在庫管理・販売管理・メンテナンスといった状態管理のできるWMSを自社で独自に構築し、システム処理の効率化・円滑化に資する形で衣服タグに縫い付けた洗濯可能なRFIDタグを使っている点が特許として認められた。

【特許情報】
特許番号:特許第7105347号
特許登録日:令和4年7月13日 (2022.7.13)
発明の名称:情報処理システム

(藤原秀行)※いずれもエアークローゼット提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事