フェリーやRORO船の輸送力強化策協議する場設立へ

フェリーやRORO船の輸送力強化策協議する場設立へ

国交省が内航海運活性化へ新たな施策推進

 国土交通省は2月12日、海事局と港湾局が連携し、内航海運の活性化に向けた新たな施策を進めると発表した。

 トラックドライバー不足によるモーダルシフト需要の高まりで内航フェリーやRORO船の利用増が見込まれる中、ソフトとハードの両面で輸送力強化のための取り組みがさらに必要と判断した。

 両局が2018年度中に内航海運業界からヒアリングを済ませた上で、19年度以降に関係者が集まる協議の場を設置。具体的な方策を検討し、政策に反映させる流れを想定している。

 協議の場では内航フェリーやRORO船の輸送力を高めるための港湾機能共通化や、利用を後押しするための各種優遇策などが焦点となる見込み。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事