大和ハウスリート、物流施設8件を4月に取得へ

大和ハウスリート、物流施設8件を4月に取得へ

スポンサー開発案件、総額451億4000万円

 Jリートの大和ハウスリート投資法人の資産運用を担う大和ハウス・アセットマネジメントは2月8日、スポンサーの大和ハウス工業が開発した物流施設8件を4月に取得すると発表した。

 総額は451億4000万円で、全てBTS型。併せて、商業施設3件とホテル1件、複合施設1件も取得を決めた。

 詳細は以下の通り。
【4月5日取得予定】
①「Dプロジェクト北八王子Ⅰ」
(東京都八王子市、延べ床面積1万5352平方メートル、賃借企業サンリツ、取得予定額43億円)
②「Dプロジェクト北八王子Ⅱ」
(同、1万8762平方メートル、ヒューテックノオリン、57億円)
③「Dプロジェクト北八王子Ⅲ」
(同、2万6310平方メートル、三菱食品とサンリツ、73億円)
【4月10日取得予定】
④「Dプロジェクト板橋新河岸」
(東京都板橋区、3万1094平方メートル、国分グループ本社、123億円)
⑤「Dプロジェクト相模原」
(神奈川県相模原市、1万6577平方メートル、大和物流、39億円)
⑥「Dプロジェクト久喜Ⅷ」
(埼玉県久喜市、2万8590平方メートル、エスコ、61億円)
⑦「Dプロジェクト四日市」
(四日市市、5602平方メートル、近鉄ロジスティクス・システムズ、14億9000万円)
⑧「Dプロジェクト茨城石岡」
(茨城県石岡市、2万1472平方メートル、国分グループ本社、40億5000万円)


「Dプロジェクト板橋新河岸」の全景(大和ハウス・アセットマネジメント提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

大和ハウス工業カテゴリの最新記事