画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤマトとSHKライングループ、関東~九州間でフェリー活用のモーダルシフト輸送規模を開始当初比6倍に拡大

ヤマトとSHKライングループ、関東~九州間でフェリー活用のモーダルシフト輸送規模を開始当初比6倍に拡大

一層の環境負荷低減と効率向上図る

ヤマト運輸とSHKライングループ傘下の東京九州フェリーは9月27日、2021年7月に開始した関東~九州間の海上輸送を活用したモーダルシフトについて、輸送規模を22年9⽉からスタート当初の6倍まで拡大したと発表した。

両社は今後もモーダルシフトを促進、一層の環境負荷低減と輸送効率の向上につなげたい考え。

両社は21年7⽉、関東~九州間のトラック長距離輸送の一部を、東京九州フェリーの海上輸送に切り替え、横須賀港(神奈川県)~新⾨司港(福岡県)間でフェリー輸送を始めた。従来のトラック長距離輸送に比べ、輸送における温室効果ガス排出量を年間約1400トン(約66%)削減する効果があったという。

運用フロー

(1)東京都品川区のヤマト運輸ベース店から九州向けの荷物をトラックへ積み、横須賀港へ輸送
(2)横須賀港でシャーシのみをフェリーに積載し、新門司港までフェリーで海上輸送
(3)新門司港に到着後、福岡市のヤマト運輸ベース店へトラックで輸送

(1)と(3)のトラック輸送はSHKライングループ傘下のマリネックス(大阪市)のトレーラーを活用している

(藤原秀行)※いずれも両社提供

その他カテゴリの最新記事