画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

Shippio、16.5億円の資金調達と老舗通関会社の買収を正式発表

Shippio、16.5億円の資金調達と老舗通関会社の買収を正式発表

「デジタルフォワーダー」として成長持続目指す

Shippioは9月28日、今後の事業拡大に向け、シリーズBラウンド(経営安定期)で総額16.5億円の資金調達を実施したと正式発表した。

既存投資家に加え、日米を拠点とするグローバル投資ファンドDNX Ventures、Spiral Innovation Partners、東京海上日動火災保険、みずほキャピタル、あおぞら企業投資など新たに5社を引き受け先とする第三者割当増資を実施したほか、融資も受けた。累計調達額は約30億円に達した。

同社が展開している貿易関連業務を包括的に効率化するクラウドベースのシステム「Shippio(シッピオ)」の機能強化や新サービス開発、人材確保などに充てる。同社がミッションに掲げている国際物流のDXをさらに推し進め、「デジタルフォワーダー」として成長を果たしたい考えだ。

Shippioは併せて、通関事業者の協和海運(横浜市中区)の全株式を取得、買収したことも正式に開示した。同システムで通関手続きも取り扱えるようにし、サービスの幅を拡充する。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた“巣ごもり需要”の伸びで今後も越境ECなどの利用が拡大すると見込まれ、貨物の輸出入申告件数は大幅に増加しているが、通関業務従事者数はほぼ増えておらず、申告書類の作成及・確認業務などの負担は大きくなっており、通関業務の現場での効率化の余地は極めて大きいと判断した。

さらに、Shippioが直接オペレーションを担っていない貨物についても、効率化システム経由で現在地追跡などの管理を可能にする新サービス「Any Cargo」のベータ版の提供を荷主企業向けに始めたことを公表した。2022年中に正式リリースする予定で、業務効率化のラインアップを拡充する。


「Any Cargo」の概要(いずれもShippio提供)

■協和海運の会社概要
設立:1960年2月
所在地:神奈川県横浜市中区松影町2-5-4
代表者:代表取締役 鈴木 文雄
URL:http://www.kyowa-kaiun.co.jp/
事業内容:通関業等

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事