画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本通運、企業向け小口貨物輸送商品「プロテクトBOX」にパレット分離型を追加

日本通運、企業向け小口貨物輸送商品「プロテクトBOX」にパレット分離型を追加

積載容積向上や軽量化を実現

NIPPON EXPRESSホールディングスは9月28日、グループの日本通運が企業向け小口貨物輸送商品「プロテクトBOX」にパレット分離型の「プロテクトBOXライト」を新バージョンとして追加、同日サービス提供を開始したと発表した。


プロテクトBOX従来型(パレット一体型)


プロテクトBOXライト(パレット分離型)

「プロテクトBOX」は2019年9月に販売開始。企業間の商業貨物を陸・海・空の輸送モードに対応するビジネスで手軽に使いやすいサイズのマルチモードユニットサービスとして、貨物事故防止など輸送品質改善の観点から高い評価を得ている。

これまではパレットと一体型の輸送容器として提供してきたが、「プロテクトBOXライト」は、パレットと分離型で積載容積の向上や軽量化を実現。今後、「プロテクトBOXライト」を活用したパレット一貫輸送を進め、ユーザーの利便性向上を図る。

「プロテクトBOXライト」の特徴
・プロテクトBOXへの積み替えが不要となるので集配時の作業時間が大幅に短縮
・パレットの外側に装着するため、従来型と比べて積載できる容積が増加(積載量10%増)
・強度を維持したまま、使用する部材を見直すことで軽量化を実現(自重30%減)

(藤原秀行)※いずれもプレスリリースより引用

その他カテゴリの最新記事