画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

霞ヶ関キャピタルが仙台と福岡・古賀の3温度帯物流施設開発でAM業務受託、プロジェクト本格化

霞ヶ関キャピタルが仙台と福岡・古賀の3温度帯物流施設開発でAM業務受託、プロジェクト本格化

アセットマネジメント業務受託

霞ヶ関キャピタルは9月30日、仙台市と福岡県古賀市で開発を予定している3温度帯管理が可能な物流施設の用地を、いずれも開発を手掛けるSPC(特定目的会社)に売却すると発表した。売却額は開示していない。

併せて、SPCからアセットマネジメント(AM)業務を受託することも公表した。実際のプロジェクトマネジメントとAM業務は子会社のロジフラッグ・デベロプメントが軸となる。両施設の開発プロジェクトが本格化する。

概要

(1) 所在地 宮城県仙台市
(2) 物件種類 土地(物流施設開発用地) 
(3) 敷地面積 約18,000㎡
(4) アセットタイプ 3温度帯 
(1) 所在地 福岡県古賀市
(2) 物件種類 土地(物流施設開発用地)
(3) 敷地面積 約24,000㎡
(4) アセットタイプ 3温度帯

■霞ヶ関キャピタル物流施設開発予定物件一覧

物流施設/不動産カテゴリの最新記事