画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

シンガポールの不動産大手キャピタランド、神奈川・相模原で日本初展開の物流施設が竣工

シンガポールの不動産大手キャピタランド、神奈川・相模原で日本初展開の物流施設が竣工

6826坪、環境性能にも配慮

シンガポールの不動産大手キャピタランド・インベストメント・リミテッドの日本法人キャピタランド・インターナショナル・ジャパンは10月7日、三井物産都市開発と共同で開発を進めていた物流施設「相模原南橋本ロジスティクスセンター」が9月30日に竣工したと発表した。キャピタランドグループが日本で手掛けた物流施設が完成するのは初めて。

圏央道の相模原愛川ICから約8キロメートルに位置し、神奈川県に加え東京を含む首都圏の配送拠点としても適した立地。相模原市は人口72万人を抱える政令指定都市で、交通や社会インフラ、アメニティーの利便性から若年層の人口流入が増加傾向にある。加えて、リニア新幹線開設の経済効果で物流マーケットとしてのさらなる成長が見込まれている。

工業専用地域にあり、最寄りのJR相模線南橋本駅から徒歩5分と物流施設としては希少立地。従業員の雇用確保で優位性を備えているとみている。建物は鉄骨造耐震地上4階建て、延床面積6826坪、有効天井高5.5メートル、1平方メートル当たり床荷重1.5トンなど、先進的な物流施設の標準的性能を持つ。

従業員が使いやすいスペック・デザイン性の高い施設を志向。環境にも配慮し、CASBEEのAランク認証を取得。最新のタブレット制御型人感センサー付LED照明で電気料金を削減すると同時に企業のオペレーションに応じた詳細な照明設定が可能。加えて、近隣住民も使える非常時のかまど型ベンチ設置など、SDGsにも配慮した設計を採用している。


相模原南橋本ロジスティクスセンターの外観(キャピタランド・インターナショナル・ジャパン提供)

キャピタランドは現在、大阪府茨木市で第2号、東京都羽村市で第3号施設に着手済み。今後も国内主要都市で物件への投資機会を積極的に増やしていく方針だ。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事