アイリスオーヤマ、中国・天津に工場兼物流拠点を開設へ

アイリスオーヤマ、中国・天津に工場兼物流拠点を開設へ

2万1600パレット収納可能な自動倉庫備え、家電製品など製造

アイリスオーヤマは6月5日、中国・天津に同国内で10拠点目となる天津工場を開設すると発表した。

天津は直轄市として同国内でも目覚ましい経済成長を続けている。新工場は華北エリアの物流拠点としての機能も備え、首都の北京などへ迅速に出荷できる体制を整備してインターネット通販での購入拡大を目指す。2021年12月の完成を見込む。

新工場は建物の総面積が4万6552平方メートル、総投資額は約50億円を計画。2万1600パレットを収納可能な自動倉庫を整備する。家電製品やプラスチック製生活用品、スチールラック・什器をメーンの生産品目に据え、稼働初年度に3億元(約50億円)の売り上げを目指す。


天津の新工場完成イメージ(アイリスオーヤマウェブサイトより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事