画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

TC神鋼不動産が神戸で開発の物流施設竣工、自社案件第1号

TC神鋼不動産が神戸で開発の物流施設竣工、自社案件第1号

1万㎡、西日本広域をカバー可能

東京センチュリーや神戸製鋼所、中央日本土地建物が出資しているTC神鋼不動産は10月5日、物流施設「AS-LOGI(アスロジ)神戸Ⅰ」が神戸市須磨区で9月30日に予定通り竣工したと発表した。自社で開発した物流施設が竣工するのは初めて。

「AS-LOGI 神戸Ⅰ」は鉄骨造地上4階建てのボックスタイプで、延床面積は1万118平方メートル。産業用地「神戸流通センター」内に位置し、神戸淡路鳴門自動車道の布施畑ICから約1キロメートル、阪神高速31号神戸山手線の白川南ICから約3キロメートル。東西南北につながる広域幹線道路網で関西主要都市の神戸・大阪・京都エリアに加え、西日本を幅広くカバーできると見込む。産業用地内のため渋滞の影響が少なく、24時間の稼働も可能。

当該エリアは内陸部で津波・高潮の影響を受けず、安定した地盤のため地震など自然災害に強い立地とみている。同センターはニュータウンエリアに隣接しており、市営地下鉄の総合運動公園駅徒歩10分、神戸三宮まで電車で21分とアクセスにも優れ、雇用確保も期待できる。


建物外観

1平方メートル当たりの床荷重1.5トン、柱スパン10.5メートル×11.5メートル、梁下有効高5.5メートルと先進的な物流施設の標準的機能を備え、汎用性の高い仕様を採用。荷物用エレベータ1台、垂直搬送機 1基を配備し、クライミングレベラー1基、ドックレベラー3基を1バースに1基ずつ設置しており、スムーズな荷物の積み下ろしが可能。1階部バース前上部にはパレット棚を設置し、空間を有効活用できるよう配慮している。


カーボンニュートラルの実現に向けて、太陽光発電設備を屋上に設置。生み出した電力は入居テナントに供給する。全館LED照明を採用し、環境性能を評価する CASBEE(建築環境総合性能評価システム)「A」ランクの評価を取得。非常用発電機も備え、停電時の稼働を支えるほか、備蓄用の倉庫も設置しており、BCP対策
にも配慮している。

1階に事務室、2階に休憩室、3・4階に休憩ラウンジをそれぞれ設置し、開放的な窓からは隣接する公園の緑を望める。パウダールーム、更衣室や各階に男女トイレを設置するなど、従業員に対しても働きやすい環境を提供できるよう努めている。

物件概要

竣工 2022年9月末
所在地 兵庫県神戸市須磨区弥栄台1丁目10番1
交通 神戸淡路鳴門自動車道「布施畑」IC 約1km 阪神高速31号神戸山手線「白川南」IC 約3km 市営地下鉄「総合運動公園」駅 徒歩10分
敷地面積 4,940.64m²(1,494.54坪)
延床面積 10,118.74m²(3,060.91坪)
規模 地上4階
形状 4層ボックス(1F片側バース)
設計 大末建設株式会社
施工 大末建設・TC神鋼不動産建設 共同企業体
構造 鉄骨造

倉庫仕様

プラットホーム 1階:高床式1.0m
梁下有効天井高 各階5.5m
柱スパン 10.5m(W)×11.5m(D)
床荷重 各階1.5t/m²
太陽光発電設備 パネル出力165kw
マテハン機器 ドックレベラー    1階:3基クライミングレベラー 1階:1基
垂直搬送機 各階1基(1.5t)
最大荷姿:W1.7×D1.5×H2.5
※別途将来用増設スペース1台分
エレベーター 荷物用EV 1台 3.5t  (W3.0×D4.0×H3.15)乗用EV  1台 15人乗(W1.6×D1.5×H2.25)
バース数 12台
駐車場 乗用駐車場    13台(内1台身障者用駐車場)トラック待機場  5 台

契約形態

定期建物賃貸借契約

位置図

(藤原秀行)※画像類はいずれもプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事