画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

センコー・フォワーディング、輸出業務の効率化支援システム提供開始

センコー・フォワーディング、輸出業務の効率化支援システム提供開始

Trade Techやバイナルと連携、荷主の負荷軽減

センコーグループホールディングス(GHD)は10月26日、傘下で海上・航空フォワーディングや通関などを手掛けるセンコー・フォワーディングがセンコー情報システムと連携して開発した、輸出業務の効率化を支援するシステム「貿易実務プラットフォーム」のサービス提供を開始すると発表した。

国際物流では、世界的な海上コンテナ不足や海上運賃の変動が続いており、適正な海上運賃での運用と物量に合わせたスペース確保の重要性が増している。特にコンテナ取扱量の少ない中小規模の荷主企業は船運賃の入札に参加できず、適正運賃でのスペース確保が難しい場合がある。

また、輸出手続きは荷主が船会社や通関業者、荷主の工場、倉庫など複数の関係先と調整し、船積指示書(S/I)、仕入書(I/V)、梱包明細書(P/L)などの書類作成を、多くの場合、いまだ電話やメール、ファクスといったアナログな手法が使われている。業務に多大な工数が掛かる上、新型コロナウイルス禍でも出社しなければ業務を完結できないことが課題となっている。

センコー・フォワーディングは以前から取引がある大手荷主の協力を得ながらシステム開発を進め、今年1月に限定的な運用を開始。荷主の要望をヒアリングしながらシステム改良を重ね、10月から新規荷主にもサービス提供を開始した。

センコー・フォワーディングは海上コンテナ輸送を行う荷主にシステムを使ってもらい、安定的なスペース確保と運賃設定、輸出業務の効率化とテレワーク推進に寄与することで自社の海上貨物取扱量の増加も図っていく構え。


システム運用のイメージ(プレスリリースより引用)

システムはセンコー・フォワーディングとセンコー情報システムが共同開発した「Bid Force(ビッドフォース」とTrade Tech(トレードテック) の シ ス テ ム に 独 自の カ ス タ マ イ ズ を加 え た 「 Booking Force(ブッキングフォース) 」 、バ イ ナ ル 製 の「TOSS-LOGIWORKS(ロジワークス)」を統合。3種類のシステムを顧客ニーズに合わせて運用し、荷主と船会社、センコー・フォワーディングの3者が輸出業務を一元管理できるようにしている。

<各システムの機能>
1.Bid Force
:「海上運賃入札システム」 入札レーン登録、運賃確認、入札評価、運賃承認、契約番号受信などを提供
2.Booking Force
:「ブッキング・トレース情報システム」 ブッキング依頼、回答確認、トレース情報確認などを提供
3.TOSS-LOGIWORKS
:「進捗管理システム」 輸出入書類作成・共有、進捗管理などを提供

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事