画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

プロロジス、宮城・岩沼市と津波時の物流施設使用に関する協定締結

プロロジス、宮城・岩沼市と津波時の物流施設使用に関する協定締結

テナントのジョインテックスカンパニーも物資供給で連携

プロロジスは10月31日、宮城県岩沼市と「津波時における避難施設としての使用に関する協定」を締結したと発表した。

同社は岩沼市で物流施設「プロロジスパーク岩沼」を開発、今年4月に竣工した。プラスの社内カンパニーで文具・オフィス家具や保育用品などの通販を手掛けるジョインテックスカンパニーが入居、プラスロジスティクスに物流業務を委託している。

併せて、岩沼市とジョインテックスカンパニーが「災害時等における物資供給に関する協定」を結んだ。


協定を締結した(左から)プロロジス・山田 御酒会長、岩沼市・佐藤淳一市長、ジョインテックスカンパニー・北川一也氏

プロロジスと岩沼市は協定に基づき、同市沿岸部で大津波警報が発表された際、プロロジスが「プロロジスパーク岩沼」の一部を提供、退避車両や車中泊避難者の避難施設として利用できるようにする。また、トイレ設備と水道設備も提供し、退避車両と車中泊避難者を支援する。


「プロロジスパーク岩沼」

宮城県が新たに公表した最大クラスの津波浸水想定によると、東日本大震災の津波で浸水しなかった地域や、復興事業を実施した地域の一部も浸水範囲に含まれている。

岩沼市は新たな浸水範囲や浸水の深さに対し、避難場所・避難施設の確保や災害備蓄の強化が課題となっているため、県による新たな最大クラスの津波浸水想定公表後、県内初の取り組みとして、プロロジスと岩沼市、ジョインテックスカンパニーがそれぞれ協定を結び、協力し合うことにした。

「プロロジスパーク岩沼」は、車両が直接2階にアクセスできるスロープを備えた最新鋭の物流施設で、施設の堅牢性に加え、津波や水害による浸水対策として建物レベルを1.5m高く設定。施設内に緊急地震速報システムや、衛星電話、72時間程度の電源を確保する非常用発電機を実装すると同時に、断水対策も施している。

プロロジスはこれまでにも京都府京田辺市、千葉県千葉市、兵庫県猪名川町、埼玉県川島町、神奈川県および神奈川県座間市など、物流施設の地元自治体と災害支援・防災に関する協定を9件締結済み。岩沼市が10件目となる。その他に、関西圏におけるプロロジスパークを対象に、コンビニのポプラと「災害時の物資供給に関する協定」を結んでいる。

(藤原秀行)※いずれもプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事