画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

SBS東芝ロジ、大阪・住之江で物流センターが23年4月オープンへ

SBS東芝ロジ、大阪・住之江で物流センターが23年4月オープンへ

5700坪、湾岸エリアで4拠点目

SBSホールディングス傘下のSBS東芝ロジスティクスは11月1日、大阪市住之江区で2023年4月に新たな物流拠点「大阪住之江物流センター(仮称)」を開設すると発表した。大阪湾岸エリアでは4拠点目となる。

新センターは倉庫面積が5700坪。大阪市の中心部から約10kmと市内配送に優位なエリアに立地。阪神高速道路15号堺線を使うことで大阪南港や近郊都市にもアクセスしやすいのが特徴。市内配送と広域輸送を両立した保管・輸配送拠点ニーズに対応する。

既に稼働している同社の4拠点が全て半径1km圏内にあることで、年末年始など各拠点の波動に合わせて作業スタッフを柔軟に配置できると見込む。

■物件概要
倉庫面積:5,700坪
事務所面積:170坪
構造:耐震構造
天井高:1~3F:5.5m / 4F:7.0m
耐荷重:1.5t
バース:垂直搬送機:3基 / 大型EV:2基


完成予想イメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事