画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アサヒロジスティクス、横浜の大黒ふ頭流通センターで外国貨物の取り扱い開始

アサヒロジスティクス、横浜の大黒ふ頭流通センターで外国貨物の取り扱い開始

より多様な物流ニーズに対応

埼玉を地盤とするアサヒロジスティクスは11月1日、総合保税地域「横浜港流通センター」内の同社拠点「大黒ふ頭流通センター」(横浜市鶴見区)での外貨取り扱いの届け出が横浜税関に受理されたと発表した。

同拠点で11月1日から外国貨物の取り扱いを開始した。2021年10月に開設した同拠点は、アサヒロジスティクスで初めて輸出入貨物の取り扱い業務を担う。

2021年度の中長期経営計画で掲げた「川上事業の対応力の構築」の実現に向け、全国への食品輸送業務全般に輸出入を含めた総合的な物流提案ができる体制の構築を目的として開設した。より多様な物流ニーズに応えていきたい考え。

大黒ふ頭流通センター概要
名  称  :アサヒロジスティクス株式会社大黒ふ頭流通センター
住  所  :神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭22番 Y-CC横浜港流通センター内3階 307
延床面積  :1,310坪(4,323㎡) うち事務所スペース20坪
開  設  :2021年10月1日(金)


Y-CC横浜港流通センター 外観(アサヒロジスティクス提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事