画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ラサールと九州電力グループ、福岡・粕屋町に9.3万㎡のマルチ型物流施設を共同開発へ

ラサールと九州電力グループ、福岡・粕屋町に9.3万㎡のマルチ型物流施設を共同開発へ

24年8月竣工予定、福岡市中心部から7kmと至近

ラサール不動産投資顧問と九州電力、九電不動産、大福物流(熊本県甲佐町)は11月7日、福岡県粕屋町で新たなマルチテナント型物流施設「ロジポート福岡粕屋」を共同開発すると発表した。

2023年6月の着工、24年8月の竣工をそれぞれ予定しており、地上3階建てでシングルランプウェイを備え、延床面積は約9万2600㎡を計画している。

ラサール不動産投資顧問、九州電力、九電不動産の3社が共同出資するSPC(特定目的会社)が事業主体となって開発を推進。1階部分は大福物流が賃借、運営することが決定している。


完成イメージ

九州自動車道の福岡ICから約1.7kmと至近で、福岡市の中心地からも約7kmと消費地を目前に控えた好立地。福岡市中心部への配送や、高速道路網を利用した九州圏や中国地方などへの広域配送にも強みを持つ。

福岡空港まで約6km、博多港まで約10kmと、陸路輸送に加えてず空路・海路輸送も利用しやすいのが特徴。JR香椎線の土井駅まで徒歩9分で、従業員の交通利便性も高く、各社は良好な雇用環境も兼ね備えているとみている。

【施設概要】
施 設 名 :ロジポート福岡粕屋
所 在 地 :福岡県糟屋郡粕屋町大字江辻字江辻尾 837 番地他(地番)
敷地面 積 :81,664.19 ㎡(約 24,703 坪)
延床面 積 :92,608.40 ㎡(約 28,014 坪)
構 造 :鉄骨造、SRC 造、地上 3 階建
用 途 :マルチテナント型物流施設
着 工 :2023 年 6 月(予定)
竣 工 :2024 年 8 月(予定)
施 主 :福岡プロパティー特定目的会社


周辺地図


広域地図

(藤原秀行)※いずれもプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事