画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アマゾン、生鮮食品配送サービス「Amazonフレッシュ」専用の物流拠点を東京・江戸川に開設

アマゾン、生鮮食品配送サービス「Amazonフレッシュ」専用の物流拠点を東京・江戸川に開設

商品保管・出荷能力拡充、1時間単位の配達オプション利用可能エリア拡大

アマゾンジャパンは11月9日、東京都江戸川区にプライム会員向けの生鮮食品配送サービス「Amazonフレッシュ」の専用物流拠点「Amazonフレッシュ 葛西フルフィルメントセンター(葛西FC)」を新たに開設したと発表した。

Amazonフレッシュの専用拠点としては、既存の「Amazon川崎フルフィルメントセンター」(川崎市)内のAmazonフレッシュ占有スペースに続いて2カ所目で、Amazonフレッシュ単独の物流拠点としては国内初となる。

葛西FCの開設でAmazonフレッシュ全体の商品保管・出荷能力を拡充し、利用者が希望の配達時間帯をより選びやすくなると想定している。

併せて、1時間単位の配達時間帯をオプションとして指定できるエリアも拡大。これまでの東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市、神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)に加え、新たに東京都の江戸川区・江東区、千葉県の市川市・浦安市のそれぞれ一部エリアが対象になった。

<Amazonフレッシュ 葛西FCの概要>
■ 正式名称: Amazonフレッシュ 葛西フルフィルメントセンター
■ 所在地: 東京都江戸川区
■ 延床面積: 約6,000㎡


(いずれもアマゾンジャパン提供)

葛西FCは食品が生産者から利用者に届くまでの間、鮮度・品質の管理を徹底。商品の入荷・保管・出荷の各段階で最適な温度管理の下、専任スタッフが商品を1つずつ手に取り、鮮度や品質を6方向から確認。チェックをクリアした商品のみを提供している。

商品がつぶれたり傷んだりしないよう、梱包も入念に行った上、配達時は各商品に最適な温度を保てるよう、3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)に分け、Amazonフレッシュが独自に開発した保冷ボックスに入れて配送する。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事