画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

法人向けクラウド車両管理サービスのスマートドライブ、12月15日付で東証上場

法人向けクラウド車両管理サービスのスマートドライブ、12月15日付で東証上場

800社超が導入、安全運転促進策なども展開

東京証券取引所は11月10日、法人向けクラウド車両管理サービスなどを展開しているスマートドライブのグロース市場上場を承認した。上場は12月15日付。

同社は2013年、「ビットバンク」として設立。14年に現社名へ変更した。自動車の移動履歴や速度などに関するデータを収集・分析し、企業の車両運行効率化などをサポートしている。

16年に法人向けクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」の提供を開始。2022年6月末時点で導入実績は800社超に上る。安全運転を順守したドライバーにデジタルポイントを付与、インセンティブとすることで安全運転を促進するサービスなども手掛けている。

2021年9月期の連結売上高は8億2766万円、当期純損益は3億2789万円の赤字だった。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事