画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ACSL、ドローンでインド企業から1.4 億円の大型案件受注

ACSL、ドローンでインド企業から1.4 億円の大型案件受注

同国市場の開拓促進

ACSLは11月11日、ドローン事業でインド企業から約1.4億円(8000万ルピー)の大型案件を受注したと発表した。

受注したドローンは、現地の合弁会社ACSL Indiaに生産を委託する。受注先の企業の詳細は開示していない。

インドのドローン市場は2021年時点で推計8.9億ドル(約1250億円)の規模がある一方、インド政府が2022年2月から「Made-in-India」を推進するため外国製ドローン完成品の輸入を禁止したため、インド国内でドローンを販売するには同国で生産し、かつ型式認証を取得することが必要になった。

そのため、これまで中国メーカーが約6割のシェアを占めてきた市場は、大きな変動期を迎えているという。

ACSLは22年1月に公表した中期経営方針「ACSL Accelerate FY22」で、事業戦略の一環として「インド市場の本格的な立ち上げ」を設定。21年9月にACSL Indiaを設立し、Made-In-Indiaの動きに適合する活動や現地サービスパートナーとの販促活動を推進してきた。

今回の大型受注はそうした取り組みの成果が出た格好だ。受注を受けたドローンは2023年に納品する予定。


インドにおけるドローン飛行の様子(ACSL提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事