エアロネクストと小橋工業が次世代ドローン量産化へ業務提携

エアロネクストと小橋工業が次世代ドローン量産化へ業務提携

機体重心制御技術を活用、安定飛行や燃費向上図る

 ドローン(小型無人機)開発を手掛けるエアロネクスト(東京)は2月19日、次世代ドローンの量産化に向け、農業機械メーカーの小橋工業(岡山市)と今月末に業務提携すると発表した。

 エアロネクストが開発した、機体の重心を制御して安定した飛行を支え、燃費向上などにも寄与する技術「4D Gravity(R)」を取り入れたドローン「Next」シリーズを両社が連携して企画、製造・販売までこぎ着けることを目指す。


小橋工業で製造予定の原理試作機「Next DELIVERY(R)」(同社など提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事