画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三井倉庫グループとトレードワルツ、日タイ間の国際貿易システム連携実験に参加

三井倉庫グループとトレードワルツ、日タイ間の国際貿易システム連携実験に参加

CO2排出量算定を担当

三井倉庫ホールディングス(HD)は11月21日、グループで日本とタイ間の国際貿易サービスのシステム連携を行う実証試験に参加し、「三井倉庫SustainaLink」の機能を用いてCO2排出量の算定を実施したと発表した。

貿易情報の共有が関係者間で可能な業務効率化サービス「TradeWaltz」を運営するトレードワルツと連携して実施した。

実証試験は「TradeWaltz」上に記録される、日本とタイ間での発着地や輸送重量の情報などを「三井倉庫SustainaLink」の算定システムに取り込み、割り出された輸送距離と重量に対し、物流領域の温室効果ガス排出量算定基準「GLEC framework」に適合した排出係数を採用し、トンキロ法で該当する輸送単位ごとにCO2排出量を計算した。

「三井倉庫SustainaLink」はCO2排出原単位を精緻に設定できる国際基準に基づいた算定の仕組みを既に構築している。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事