画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

関通、大阪・東大阪市の倉庫・事務所を売却

関通、大阪・東大阪市の倉庫・事務所を売却

将来の物流センター再編可能性考慮、譲渡益10.67億円計上へ

関通は11月28日、大阪府東大阪市に構えている面積8765㎡の倉庫・事務所を同日付で売却したと発表した。売却先は開示していない。引き渡しは2023年2月末。

譲渡先とリースバック契約を締結し、譲渡完了後も1年間は入居を続ける予定。

将来の物流センターの再編可能性を踏まえ、資産の効率的活用を図るため保有資産の見直しを図る。2023年3月期に特別利益として譲渡益10億6700万円を計上する。

譲渡資産の内容

所在地 大阪府東大阪市本庄西一丁目102番地2、102番地3
土地 3,057.31㎡
建物 8,765.22㎡
現況 倉庫・事務所
譲渡益 1,067百万円(特別利益として計上予定)
決済方法 現金決済

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事