画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

【物流で光るCSR】ライフ、大阪平林総合物流センターから堺市内の子ども食堂へまだ食べられる食品の寄付開始

【物流で光るCSR】ライフ、大阪平林総合物流センターから堺市内の子ども食堂へまだ食べられる食品の寄付開始

毎月最大3団体に、地域への継続的な社会貢献活動を展開

ライフコーポレーションは11月30日、大阪府の堺市社会福祉協議会と、さかい子ども食堂ネットワーク傘下80以上の団体へ食品寄付で協力する確認書を交わしたと発表した。大阪市内の「ライフ大阪平林総合物流センター」から、出荷には適さないもののまだ十分に食べられる常温加工食品の寄付を11月18日に始めた。

子ども食堂は家庭環境や貧困から栄養のある食事を満足に取れない子どもたちに、無料または安価な食事を提供。家庭における供食が難しい子どもたちや家族の居場所を作ることで地域交流の場にもなっている。

同社は地域密着の食品スーパーマーケットが行うべき、自社事業内容に関連が深く出店する地域への継続的な社会貢献活動として、子ども食堂への支援に踏み切った。


(ライフコーポレーション提供)

■取り組み概要
・実施施設:ライフ大阪平林総合物流センター
・寄付先 :さかい子ども食堂ネットワークに加入する堺市内の子ども食堂実施団体(毎月最大3団体)
・開始日 :11月18日(金)※今後も毎月1回実施予定
・寄付食品:平林総合物流センターから、出荷には適さないもののまだ十分に食べられる常温加工食品

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事