画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

大和物流、仙台で1.7万㎡の電子部品など向け新たなセンターが稼働開始

大和物流、仙台で1.7万㎡の電子部品など向け新たなセンターが稼働開始

東北エリアのハブ拠点と期待

大和ハウスグループの大和物流は12月1日、仙台市宮城野区で新たな物流拠点「仙台扇町物流センター」が同日、稼働を開始したと発表した。地上5階建て、延床面積は1万6748㎡。


センターの外観

新センターは、近年需要が高まっている電子部品や電気機械、通信機器などを主に取り扱い、在庫管理や流通加工、輸配送などの各種物流サービスを提供する。

仙台市内への配送と東北自動車道による広域配送を両立する交通利便性を生かし、東北エリアのハブ拠点として効率的な3PLサービスを提供する。

JR仙台駅まで約20分の距離に位置し、仙台市内全域をカバーできる立地。仙台東部道路の仙台東IC、仙台港ICからそれぞれ約4kmと近接し、東北自動車道も利用可能なため、岩手県盛岡市や栃木県宇都宮市へ2時間半以内でアクセスできるなど、東北各県や関東地方への広域配送の拠点として活用できると見込む。


地図

湿気やほこりが入りにくく、貨物の衛生管理がしやすい高床式倉庫。電子部品や製造装置などを扱うエリアには、空調設備を導入することで製品特性に適した庫内環境を提供する。

各階約3950㎡(約1200坪)の倉庫は貨物用エレベーター2基、垂直搬送機3基と合計5基の昇降設備を導入。5階建ての倉庫でも迅速に商品を搬出入できるようにしている。


(いずれも大和物流提供)

施設概要
名称:大和物流株式会社「仙台扇町物流センター」
所在地:宮城県仙台市宮城野区扇町1丁目7番42号
敷地面積:8,399.12㎡(2,540.73坪)
延床面積:16,748.24㎡(5,066.34坪)
構造・規模:鉄骨造 地上5階建て(※)・高床式 ※2階は事務所のみ
床荷重:1階2.0t/㎡、3~5階:1.5t/㎡
梁下有効高:1階:6.5m、3~5階:5.5m
搬送設備:貨物用エレベーター2基(3.6t:1基、4.6t:1基)、垂直搬送機3基(1.5t)、ドックレベラー2基
アクセス:仙台東部道路「仙台港インターチェンジ」から約4km、仙台東部道路「仙台東インターチェンジ」から約4km
最寄り駅:JR仙石線「福田町駅」から約1.4km
着工:2021年10月20日
竣工:2022年11月30日
稼働:2022年12月1日
施主:大和物流株式会社
設計・施工:大和ハウス工業株式会社
運営:大和物流株式会社

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事