画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CRE、サトーHD傘下で物流センターの企画など手掛けるソリューションアーキテクトの買収完了

CRE、サトーHD傘下で物流センターの企画など手掛けるソリューションアーキテクトの買収完了

社名を「ストラソルアーキテクト」に変更、サービス強化狙い

シーアールイー(CRE)は12月1日、サトーホールディングス(HD)傘下で物流センターの企画などを手掛けるサトーソリューションアーキテクト(SSA)買収の手続きを完了したと発表した。

買収方針は11月に開示済みで、11月30日付でCREがSSAの全株を取得、SSAの社名を「ストラソルアーキテクト」に変更した。具体的な株式取得額は開示していない。

CREは事業ビジョンとして「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォーム(LIP)でナンバーワン企業グループ」を掲げ、不動産以外にもDX、人材、マテハン、車両といった多面的な領域の課題解決ソリューションを提供。

その中でSSAは「お困りごとを解決する“個別解”の追求」を事業コンセプトに掲げ、物流・製造業の顧客に対して、豊富なSCM領域の知見・業務経験・改善ノウハウを基に、物流センターの企画・構築・業務改善支援、サプライチェーン改革支援、DX支援などを展開してきた。

SSA買収を受け、CREとサトーHDが手掛ける事業の中心となり、サトーHDのタギング・自動認識技術を一層活用しながら、3社間での事業シナジーを高めていきたい考え。

サトーHDとSSAはこの1年間、現場レベルでの協業を既に手掛けており、SSAはCREグループの顧客に対するロジスティクス・ITコンサルティングサービスの提供に加え、CREを含めてLIPを構成する企業群を連携させ、顧客の「新物流センターの企画」などの複数のプロジェクトを実施している。SSA買収で取り組みを強化する。

既に顧客やパートナー企業から「SSA」と略称で呼ばれていることもあり、その略称を継続できるよう「Strategy(戦略)」と「Solution(ソリューション)」からの造語「ストラソル」と「Architects(建設)」を組み合わせ、「ストラソルアーキテクト(STRASOL Architects)」を新社名に採用した。


新しいコーポレートロゴ(プレスリリースより引用)

■会社概要
名称:株式会社ストラソルアーキテクト
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 虎ノ門ツインビルディング東棟18F
代表者:代表取締役社長 秋川 健次郎 代表取締役 山本 岳至
上場区分:非上場
資本金:2000万円(2022年3月31日現在)
設立年月日:2015年4月1日
主な事業内容:SCM・ロジスティクスを中心としたコンサルティングサービスの提供

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事