画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

スズキ、静岡~北海道間の部品輸送でモーダルシフト促進

スズキ、静岡~北海道間の部品輸送でモーダルシフト促進

苫小牧で広域センター新設、行程の8割を海上に


センター外観

スズキは12月1日、スズキ四輪車の純正部品・用品の供給拠点となる広域部品センター「スズキ部品センター苫小牧」を北海道苫小牧市に新設、同日稼働を開始したと発表した。

併せて、スズキ四輪車の納車整備を行う「スズキ納整センター苫小牧」を「スズキ部品センター苫小牧」と同じ建物内に移転、12月12日に稼働を始める。

スズキの広域部品センターは全国6カ所(スズキ部品センター苫小牧含む)に展開。各都道府県の代理店・販売店へ素早く部品・用品を供給する役割を担っている。部品・用品の即納性を強化し、顧客満足度の向上と代理店・販売店のサービス業務効率化が狙い。

フェリー港がある苫小牧は北海道物流の要所で、「スズキ部品センター苫小牧」の新設により効率的な道内の輸送を実現。部品工場(静岡県湖西市)から苫小牧への輸送距離の約8割を海上輸送とすることで、モーダルシフトによるCO2削減にも貢献したい考えだ。

スズキ納整センターは、スズキ四輪車の納車整備を行う国内子会社のスズキ納整センターが運営。全国に11拠点を構え、新車の納車整備を一括集中して行っている。

納車整備コストの削減、品質の向上を図るとともに、整備済車両を各営業拠点に直送することで、拠点間での物流コストの削減や、拠点の車両保管場所の有効利用などに役立てている。

「スズキ納整センター苫小牧」の移転により、スズキ四輪車の納車整備能力と保管能力を増強し、業務効率向上を進める。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事