ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

新日鉄住金エンジが「MCUD上尾」の建設工事を開始

新日鉄住金エンジが「MCUD上尾」の建設工事を開始

三菱商事都市開発が埼玉・上尾市で進める物流施設案件

新日鉄住金エンジニアリングは3月15日、三菱商事都市開発から受注した大型物流施設「MCUD上尾」(埼玉・上尾市)の建設工事を開始したと発表した。設計・施工一式を担い2020年夏の完成を予定している。

鉄骨造地上5階建ての制振構造で延べ床面積は約9万2000平方メートル。ダブルランプウエー方式マルチテナント型が採用される。使用する鉄骨重量は約1万1500トン。新日鉄住金エンジの自社製制振用ダンパー「アンボンドブレース」を約180本配置し、地震に対する安全性が高いワンランク上の物流施設と位置付ける。

建設場所は国道17号上尾道に接道していることからICへのアクセス性に優れ、首都圏の配送拠点として最適な立地となっている。

(鳥羽俊一)


画像は新日鉄住金エンジニアリングニュースリリースより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事