「職場で宅配荷物を受け取ろう」運動、賛同企業・団体が100突破

「職場で宅配荷物を受け取ろう」運動、賛同企業・団体が100突破

名古屋市の広告関連会社が再配達削減へ呼び掛け

リスティング広告の運用代行などを手掛けるカルテットコミュニケーションズ(名古屋市)は3月25日、個人が購入した通販などの宅配荷物を職場で受け取ることを推奨する運動への賛同企業・団体が100を超えたと発表した。

同社は運動の狙いとして、再配達の削減に加え、複数の荷物を1カ所でまとめて受け取ることによる配達件数自体の抑制、eコマース活性化による経済効果を挙げている。

運動は2017年に地球温暖化対策の取り組みを評価する環境省主催の「COOL CHOICE LEADERS AWARD」で優秀賞を獲得した。同社によれば、日本物流団体連合会(物流連)も賛同しているという。


職場受け取り運動のウェブサイト

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事