関通の関西主管センターにジャロックが「大阪LABO営業部」開設

関通の関西主管センターにジャロックが「大阪LABO営業部」開設

庫内オペレーション改善サービス提供で協業強化

関通は9月15日、荷役搬送器機(マテリアルハンドリング)や昇降器機などを扱うジャロックが、関通が兵庫県尼崎市に構えている「関西主管センター」内に事務所を開設すると発表した。

スペースを提供し、既に結んでいる販売代理店契約に則り、物流機器の販売機会を拡大したい考え。

ジャロックのショールームは関東(埼玉県杉戸町)のみで「製品の現物を確認したいがショールームが遠くていけない」「営業担当者と気軽に対面で打合せがしたい」などの声が寄せられていたという。

最先端機器の導入先を日本全国に展開していく中で、特に要望の多い西日本エリアにショールーム機能を備えた拠点を立ち上げるに際し、関通の関西本社内にあるショールームの一部を利用してもらうことにした。


ジャロックが提供する「ハイピックランナー」


関通の学べる倉庫見学会の様子

(藤原秀行)※いずれも関通提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事