テラドローン、インド工科大ハイデラバード校と協力連携協定

テラドローン、インド工科大ハイデラバード校と協力連携協定

機体開発や研究、人材育成など注力

ドローン(小型無人機)関連サービスを手掛けるテラドローンはこのほど、同社インド法人のテラドローンインドとともに、インド工科大ハイデラバード校とドローンを用いたソリューションサービスの開発で連携すると発表した。3者間で協定を締結した。

同国で新たなドローンの開発や研究のほか、関連技術を学ぶワークショップやセミナーを開くなど教育面でもタッグを組み、人材育成に注力する。


協定を締結した(左から)テラドローンの関鉄平COO(最高執行責任者)、テラドローンインドの植野佑紀インド事業統括、インド工科大ハイデラバード校のU.B.デサイ学長、片岡広太郎客員准教授(テラドローン提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事