ビール4社、パレット共同回収を全国展開

ビール4社、パレット共同回収を全国展開

7月以降地域拡大、CO2排出47%削減見込む

ビール大手4社は4月25日、ビールパレット(Pパレ)の共同回収を全国で実施すると発表した。

昨年11月から東北エリアで先行して行っており、今年7月からは首都圏、東海、九州に順次拡大、11月以降はそれ以外のエリアにも広げていく。トラックドライバー不足を踏まえ、業務効率化を図るとともに環境負荷低減を進める。

4社は7月以降、Pパレ回収車両の積載率改善や回収距離短縮で年間のCO2排出量を従来比で約47%(約4778トン)減らせると見込む。


パレット共同回収のスキーム(4社プレスリリースより引用)

Pパレは業界統一規格として1992年から酒類飲料業界で共同利用している。得意先からの回収は旧来、各社が個別に行っていた。共同回収はPパレ共同使用会加盟社合計の回収枚数が1万枚以上の得意先を対象に設定し、回収をビール4社で分担、得意先ごとに代表社が4社分のPパレをまとめて引き取る。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事