福岡運輸HD、兵庫・西宮の物流拠点が満床稼働

福岡運輸HD、兵庫・西宮の物流拠点が満床稼働

本棟で関西物流企業と契約、将来は冷凍冷蔵倉庫建築へ

低温物流大手の福岡運輸ホールディングス(HD)は5月7日、兵庫県西宮市の物流拠点「鳴尾浜倉庫」の本棟で、大阪を地盤とする物流企業の三鷹倉庫(大阪市)と賃貸契約を結んだと発表した。

鳴尾浜倉庫は昨年10月に取得し、別棟は別の企業が入居済み。本棟もテナントが確定、満床稼働することとなった。本棟は今年10月から7年間の定期借家契約とした上で、契約満了後は冷凍冷蔵倉庫に建て替える計画。

本棟は地上5階建て、延べ床面積約2万7600平方メートル。


「鳴尾浜倉庫」の本棟外観(福岡運輸HD提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事