ヤマタネ、千葉・印西で新たな物流拠点開設へ

ヤマタネ、千葉・印西で新たな物流拠点開設へ

アーカイブズ専用と3温度帯の両倉庫、精米工場を整備

ヤマタネは5月15日、2019~21年度を対象とする新たな中期経営計画の一環として、千葉県印西市で物流拠点「(仮称)印西新拠点プロジェクト」を開発すると発表した。

倉庫2棟を整備し、総延べ床面積は6万7000平方メートルを計画。具体的にはアーカイブズ専用倉庫と3温度帯の管理が可能な倉庫とする予定。併せて、精米工場を建設する計画を立てており、3棟全体の完成は2022年度を見込む。

同社としては初めて関東内陸部での大型拠点開発となる。物流、食品の両部門が運営する一体型施設を想定している。


新拠点の完成イメージ(ヤマタネプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事