LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

新たに仮設トイレの採用決定―プロロジス

新たに仮設トイレの採用決定―プロロジス

物流施設の災害時備蓄品拡充

 プロロジスは8月8日、物流施設の災害用備蓄品として、新たに仮設トイレを採用すると発表した。地震などの発生時、周辺の地域住民が避難できるようにし、防災への貢献を目指す。
 カワハラ技研(東京)が扱っている備蓄型の組み立て式仮設トイレ「ほぼ紙トイレ」を採用。電気を使わず、個室として屋内外で自由に設置できる上、使い終わった後は焼却できることなどを重視した。同社は他にも必要な備品の検討を進めている。
プロロジスはテナント企業のBCP(事業継続計画)対応をサポートするため、災害時の生活用水や外部への連絡手段確保を進めている。(藤原秀行)

組み立て後の「ほぼ紙トイレ」(プロロジス提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

プロロジスカテゴリの最新記事