日本パレット協会、JILSにレンタルパレット需要急増受け使用後の迅速な返還を提言

日本パレット協会、JILSにレンタルパレット需要急増受け使用後の迅速な返還を提言

輸送時の商品搭載で使用枚数最適化も要望

日本パレット協会はこのほど、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)に対し、使用済みレンタルパレットの迅速な返還などを提言した。

昨今のトラックドライバー不足を受け、荷物の積み降ろし迅速化へパレットの需要が拡大していることなどから、日本パレット協会はレンタルパレットの供給が追い付かない状況にあると強調。JILS会員企業の対応を強く求めている。

JILSは会員企業に配慮を呼び掛けている。

提言は5月7日付で出されており、「使用後のレンタルパレットを早期に回収することが緊急課題になっている」と表明。国が音頭を取って進めている「ホワイト物流」推進運動を後押しするためにも、一貫パレチゼーションやパレット化貨物輸送の維持・拡大が必要との認識を示した。

その上でレンタルパレット事業者への早期返還に加え、借用者不明のレンタルパレットを物流センターなどの拠点で見つけた場合は日本パレット協会に連絡することや、輸送の際は1枚のレンタルパレットに商品を満載するか最大限有効活用し利用枚数を最適化することを求めている。

同協会に参加している日本パレットレンタル(JPR)は4月26日、加納尚美社長が記者会見してレンタルパレットの供給が滞っている状況を明らかにし、ユーザーに空きパレットの迅速な回収などへの協力を求めていた。

(藤原秀行)

関連記事:レンタルパレット、2019年度中は供給不安定な状況続く可能性(JPR記者会見)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事